FX 比較での注文方法の基礎

FX 比較における入門編として、まずは注文方法の基礎を学んでおく必要があります。基本の注文方法は、成行注文、指値注文、逆指値注文の三つです。FX 比較した中でも、成り行き注文が最も多い注文方法と言えるでしょう。成り行き注文は、いますぐにでも取り引きを行いたい時に行う注文方法で、狙いの為替が思い通りのレートである場合、即時に取り引きを行うことができます。

次に指値注文ですが、あらかじめ自分の希望する為替レートを指定し、売買を行う取り引き方法です。あらかじめ為替価格を指定しますので、自分の思い通りの注文が行えますが、相場が自分の思惑と逆の動きをした場合、希望する売買の価格が折り合いませんので、いつまでも注文できないといったデメリットもあります。

そして、逆指値注文は、損失が出ることをあらかじめ想定して、売却価格を設定しておくことで、大きな損失にならないようにする注文方法です。これは、いわゆる損切りと呼ばれるもので、損失を限定なものにしたい場合には、特に有効な手段として用いられています。損失が少なければ、引き続き心機一転して注文を行うことができますので、上手に損切りしていくことも上級トレーダーへの道です。